2017年2月25日(土) 大潮 水温13℃ 茨城県央の海 午前10時30分~午後7時30分

    29-2-26 001
    【本日外道 カレイよりも数倍美味いイイダコの煮付け(笑)】


    地元カレイ第2戦。

    今日は久しぶりでヘボ助さん、ありけんさんご夫婦とお会いしました。

    ヘボ助さん、ここしばらく釣り日記も更新されてなく心配していましたが

    お孫さんが生まれたとのことで釣りどころではなかったのですね!

    あらためておめでとうございます^_^





    開始まもない午前11時。

    29-2-25 010
    36cm!

    いきなりの本命!

    カモフラージュ?

    体表の模様が見事に地と同化してますね。





    しかしその後は、、、

    竿4本のうちの2本のポイントは↓↓↓

    29-2-25 011
    【シャコの手】

    29-2-25 012
    【イイダコ】

    アタリも出さずにエサだけが頻繁に盗られ、

    もう2本のポイントはエサもそのまま、生体反応なし。





    しばらくそういう状態が続いた上げ止まり30分前の午後2時30分。

    ドッシリとした重さとわずかな魚信!!!

    29-2-25 013
    38cm!

    ようやくの2枚目!

    いつもの釣れていた、、、です。。。





    その後はシャコポイントもエサが残るようになり

    夕まずめも何事もなく過ぎ去る。

    午後7時ギブアップ。





    一本ずつ竿を片していると、

    ガシャガシャガシャ~ン

    音のほうに目をやると、

    三脚上の竿、

    竿尻が宙に舞い海へとダイブ!

    と、その寸前で三脚のアームにリールが引っかかり三脚がガタガタガタ;;

    慌てて飛びつき大合わせ!

    こんな下品なアタリ、ポン級アイナメを疑わなかったが、、、

    上がってきたのは、、、

    なんとふっくらなマコカレイ39cm!
    (写真撮り忘れ)

    2本針も丸呑み!

    戻りパワー?

    いや小名浜の戻りの肉厚座布団サイズでもこんな下品なアタリはなかった。

    今までのカレイ釣りでは飛びぬけて下品で過激なアタリだった。

    で、ちょこっと延長したがその後は再び静かな海に。

    午後7時30分納竿。





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(36cm、38cm、39cm)
    イイダコ  1杯
    29-2-25 014


    2017.02.26 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年2月18日(土) 小潮 水温11.5℃ 茨城県央の海 午前10時40分~午後7時30分

    29-2-18 005
    【曇天】

    地元での昼カレイ狙い。

    釣り開始から4時間経過・・・

    水温もいまだ高く活発なのはエサ盗りだけ・・・

    退屈な時間が流れる。

    気分も曇天。





    しかし、こういう状況下でも突然食いだすのがカレイ。

    今日の潮の下げ止まりは午後2時50分。

    その10分後。

    エサを確認しようとリールを巻くと

    グググー!の魚信とともにドッシリとした重さ!!!

    竿先に出るアタリが地味なカレイ釣りではよくある話、、、

    釣れていたのパターンかと思いきや、、、

    数巻きで魚信が消え重さも消え・・・途中バラシ・・・

    おそらくカレイだったのではと・・・



    しかし落胆している暇もなくその10分後、、、

    過激な糸フケ発見!

    29-2-18 007
    45cmマコカレイ!!

    しかし肉薄です。。。



    またまたその10分後。

    29-2-18 008
    38cmマコカレイ!!

    今度は幾分肉厚。





    セオリーどおりの潮止まり直後の時合。

    で、その後は再びまったりタイム。

    夕まずめに小振りなオスガレイを1枚追釣し

    そのまま夜ガレイ狙いへとシフトするがうんともすんともいわず。

    午後7時30分納竿。





    戻りもはじまりカレイも後半戦突入!

    今後の肉厚プリップリに期待です!





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(45cm、38cm、35cm)
    29-2-18 009


    2017.02.19 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年2月11日(土) 大潮 水温11℃ 茨城県央の海 16時30分~20時30分


    久しぶりの地元茨城での釣り。

    カレイ戦は一時中断。

    先週のカレイ釣りで余ったアオイソメ1パックを消化しようと

    そこにアカイソメを加えて夜のアイナメを狙ってみた。

    先月小名浜で釣ったアイナメの刺身が大変美味かったからだ。





    29-2-11 013

    西日がまぶしい午後4時半。

    根掛かり地帯へ2本の竿の仕掛けをぶっこむ。

    胴突き2本針と丸玉錘の1本針。

    太陽が西の地平線から姿を消して1時間くらいまでが夕まずめのピーク。

    そのピーク時の午後5時40分。

    29-2-11 014
    アイナメ37cm!

    刺身にするため即刻血抜き。

    アイナメは血抜きをしないと顕著に身がピンク色になってしまう。

    29-1-9 001
    29-1-28 049

    上が血抜きをしなかったアイナメ、下が血抜きをしたアイナメ。

    一目瞭然です。





    で、この時点で数匹は堅いかなと思ったが、

    その後はアカイソメもまったく食われずの状態。

    予報どおりで風も強い。

    仕掛けを数ヶロストしたところで戦意喪失。

    近いうちまたリベンジしようと午後8時30分、納竿。





    本日釣果

    アイナメ 1匹(37cm)
    アナゴ、ドンコ 各1匹リリース
    仕掛け4ヶロスト
    29-2-11 016
    【アナゴとドンコの一荷】


    2017.02.12 Sun l アイナメ トラックバック (0) l top
    2017年2月4日(土) 小潮 水温11℃ 小名浜沖堤防 午前6時10分〜午後2時00分

    29-2-5 001

    スーパーで20cmほどのマコカレイを目にした。

    3枚218円、決して高い値段ではないがれっきとした商品として売られていた。

    釣り人の間では手の平、木っ端などと侮られ即捨てられる(リリースされる)サイズ。

    釣り人の贅沢さを認識した瞬間だった。





    さて本題。

    今年は水温が高く、産卵もかなり遅れ気味であろうと

    2月に入っても卵パンパンのメスガレイ狙い。

    最近行き場所に迷うことはない(笑)

    今日もカレイの聖地、一路小名浜沖堤防へ。





    29-2-4 015

    季節的にやむを得ないのだろうけど、

    小名浜に来るときはいつも風が強い。

    今日も西風ビュービュー

    真っ向からの潮風だ。

    話はそれるが、

    数年前眼科医から紫外線や潮風を浴びる人に多い目の病気、翼状片の予備軍だと警告されたことがある。

    紫外線を浴びると目が真っ赤に充血するのだ。

    対応策をとらないと年を取ってから緑内障、最悪失明を誘発する可能性もあるとのこと。

    釣行の次の日には充血もおさまっていたこともあり対応策はなんら講じていなかったのだが、

    ここ1~2年は2~3日おさまらないことも。

    医者の警告を思い出し、もっと自分の体を大切にすべき年齢に差し掛かってきた今頃になって

    紫外線、風から目をがっちりガードしてくれるUVカット防塵サングラス、

    そして紫外線対応目薬を買った。

    効果抜群、目もあまり充血せずヒリヒリ痛くなることもなくなった。

    そしてなんといっても目がまったく疲れない。

    紫外線、潮風ともろに向き合う昼の海釣りでは

    日焼け止めとともに今後の必須アイテムとなりそうだ。





    29-2-4 010

    広い沖堤防。

    先週南側で撃沈。

    ポイント開拓で今日は北側で降りる。

    そこから少し南側へ歩いためぼしきポイントには先釣者あり。

    その手前で落ち着くことに。

    まったりタイムが続き、その先釣者さんとお話ししていると、

    去年、このあたりは好調で大爆釣続きだったとか!?

    去年の話とはいえども衝撃的な情報!

    テンションも急上昇したのだが、、、、、、





    上げ止まりの午前8時半。

    竿先に出るアタリこそ元気が良かったものの

    あの下へと突っ込む抵抗はなくアッサリ浮上!

    29-2-4 011
    肉薄ペナペナオスガレイ40センチ!

    乗っ込み抱卵カレイ終焉か?

    ほとんど白子も放出されていた。

    美味いのか???

    いやいや、上記の3枚218円よりは値は付きそうな獲物!

    美味しく食べさせていただきます。。。





    結局、7時間の竿出しでこれが最初で最後のアタリ。

    エサも瞬時に盗られたり、全く喰われなかったり・・・

    アゲインストの風も治らず最後はもうやる気ナッシング。

    ただただ船を待つばかり。

    午後2時、納竿。





    マコカレイ・・・

    しばらくは休食期?

    高速代・・・渡船代・・・etc

    船釣り一回分?

    コストのかかる小名浜沖堤防のカレイ釣り。

    戻りが本格化する来月まで待つべきなのか?





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(40cm)
    29-2-4 017


    2017.02.05 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年1月28日(土) 大潮 水温12℃ 小名浜沖堤防 午前6時10分~午後2時00分


    小名浜沖堤防のカレイ。

    連勝ストップ。





    29-1-28 042
    【小名浜カレイ第5戦】

    4本の竿。

    すべて遠目のマコ狙い。

    前半は風が強くアタリもへったくれもなく・・・

    忘れかけた頃に竿尻が持ち上がり三脚崩壊寸前でドチザメ・・・ドチザメ・・・ドチザメ・・・





    後半風は落ち着くも、ドチザメのアタリすらなくなり

    アオイソメもそのまま・・・

    ・・・マコ断念。

    船の迎えの2時間前・・・

    全ての竿を足元付近に、、、アイナメ、ナメタ狙いに切り替え。

    納竿30分前、竿先ビシバシビシバシ;;

    29-1-28 044

    ボウズ逃れのアイナメ37cm。

    スカリに繋がず即刻血抜き。

    持ち帰りはこれのみ。



    29-1-28 049
    【アイナメ刺身】

    その日のうちに半身は酒の肴に。

    ちょっとコリコリだが脂はノリノリ。

    刺身との相性抜群という芋焼酎「小鶴黄麹」と。

    残り半身も寝かせて後日刺身でいただく予定。

    貧果でも釣り冥利に尽きますね。





    水温もまだ高め。

    2月も小名浜で抱卵カレイ狙います。





    本日釣果

    アイナメ 1匹(37cm)
    サメ、ヒガンフグ リリース


    2017.01.28 Sat l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年1月14日(土) 大潮 水温13℃ 小名浜沖堤防 午前6時20分~午後0時00分


    先週のナメタガレイの刺身、煮込み、ともに絶品!

    また釣りたく2週連チャン小名浜遠征。



    29-1-14 009

    今日も第一沖堤防7番上陸。

    もちろん王道マコカレイも狙う。

    マコ狙い4本、ナメタ狙いのヘチ竿2本の計6本。

    で、今日はオール外海狙い。

    先週、内海よりも外海でポツリポツリ釣果が出ていたからだ。





    沖目を狙っているマコ狙いの竿。

    午前7時過ぎ頃か?竿先ククッー!から糸フケという本命らしきアタリで興奮するも

    力糸からプッツン!という痛恨のバラシ!

    脱力感に襲われていると、午前8時。

    同じようなククッーで糸フケ!

    29-1-14 005
    48cm抱卵マコカレイ!

    大台(50cm)に届かずだが脱力感を吹き飛ばすうれしい1枚!

    数分後同じポイント同じ竿で↓↓↓

    29-1-14 008
    お初のムシガレイ42cm!

    丸い斑点模様が特徴。

    船ではよく聞く魚だが堤防でも釣れるとは。

    身は薄く、煮込みよりも干物、塩焼き、ムニエルなどに適しているそうでもちろんキープ。





    時合はこれにて終了。

    期待のヘチのナメタ竿は全くもって反応なし、ドンコすら掛からない。





    その後はドチザメの嵐!

    三脚をなぎ倒され、何度竿を海へ持っていかれそうになったことか!

    29-1-14 010

    みなごぼう抜き出来ないサイズ!タモを汚さざるを得ないこの悔しさ。

    その都度海へ放り投げてやりました。





    午後0時。

    大寒波による強風のため強制撤退、納竿。

    ナメタは顔見ずだったが座布団マコにお初のムシガレイ。

    満足でした。





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(48cm)
    ムシガレイ 1枚(42cm)
    ドチザメ   多数リリース
    29-1-14 011


    2017.01.14 Sat l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年1月7日(土) 長潮 水温11℃ 小名浜沖堤防 午前6時30分~午後2時00分


    小名浜遠征第3戦。

    今日は小名浜沖堤防のスペシャリスト栃さんとご一緒させていただきました。

    29-1-7 001

    午前5時半、第一沖堤防7番上陸。

    前回までの13番よりも水深はあり、

    また水温も前回比マイナス3℃の11℃でエサ盗りたちもほぼ皆無。





    まったぁり~

    本命カレイの反応もないままで迎えた午前8時30分。

    マコ狙いの遠投竿。

    サビいて・・・サビいて・・・サビいて・・・

    手前10mに沈めていた仕掛けに、、、

    29-1-7 003
    8年ぶりのナメタガレイ42cm!

    本命マコよりうれしいめでたい魚!





    29-1-7 006

    で、栃さんのアドバイスでヘチに落としていた本命ナメタ竿。

    午前11時。

    チリンッ!

    小さく鈴が1回鳴った様な???

    試しに竿を持ち上げると、、、

    グオ~ン!グオ~ン!

    うねる様な重厚な引きで

    29-1-7 005
    本日2枚目ナメタ42cm!!





    遠目を攻めてるマコ狙いの竿は全くの音沙汰なし。

    納竿間際にヘチのナメタ竿に良型アイナメ。

    午後2時、船のお迎え納竿。

    ご一緒の栃さんはカレイよりもタコに夢中。

    コンスタントにゲットしてました。





    29-1-7 009
    【ナメタガレイの刺身】

    ナメタの刺身は絶品だよとの栃さんのアドバイスで1匹は早速刺身に。

    寝かすと羊かんのような食感になってしまうのでその日のうちに食べたほうがいいよと。

    マコよりも甘く柔らかい!!

    脂も乗って絶品でした!

    残りの1匹は翌日煮込みでいただきます。

    なおナメタガレイ、、、

    見た目のグロさに反し味はカレイの中ではマコカレイを抜いて最高級だそうで

    特に煮込みは東北地方の正月料理には欠かせない一品だそうです。





    本日釣果

    ナメタガレイ 2枚(42cm)
    アイナメ   1匹(34cm)
    極太アナゴ 1匹リリース
    ドンコ     2匹リリース
    29-1-7 007


    2017.01.07 Sat l ナメタガレイ トラックバック (0) l top



    明けましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

    皆様にとって良き一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。






    29-1-1 003

    1月1日。

    数年ぶりの元旦初釣り行ってきました^^;

    といっても2〜3時間の車横付けお気軽ファミリーフィッシング。

    自動販売機でアオイソメを購入。

    3パック購入も2本の竿で房掛けしたらあっという間になくなる量の少なさ・・・

    本命カレイ、、、言うまでもなくボウズ。。。

    次の三連休は再び小名浜遠征予定。





    さて本題。

    2016年の釣り、簡単に振り返ってみると、、、

    とにかく地元茨城での釣りはめっきりと減り、

    県外への遠征が目立った一年でした。

    27-1-16 016

    春先までは小名浜沖堤防での乗っ込み、戻りカレイともに好調。

    座布団カレイの聖地だけあり45cm超え当たり前。

    茨城ではほとんど夜ガレイのみで、

    魅力を感じるカレイ釣り場は完全に茨城から福島へと移ってしまった。





    カレイが終わると西伊豆方面の遠投カゴ釣りに没頭。

    28-8-13 059

    遠投ウキがスパッと海中へと消しこまれていく瞬間がなんともいえず

    なかでもソウダガツオの魚影はピカイチで食味もA級!

    秋まで楽しませてもらった。

    今後は東伊豆方面もチャレンジしてみたい。

    あれだけ夢中になっていた地元茨城での泳がせ釣りは3回だけ。





    冬になり再びカレイシーズン。

    小名浜沖堤防で連勝スタート。





    今年(2017年)も遠征釣行が増えそうな一年となりそうです。


    2017.01.02 Mon l 思い出深い釣果・釣行 トラックバック (0) l top
    2016年12月29日(木) 大潮 水温14℃ 小名浜沖堤防 午前6時00分~午後2時00分


    東の空がうっすら明るくなってきた朝6時。

    風は凍てつくような冷たさだがバケツで汲み取った海水はまるでお湯のよう!

    水温14℃!





    28-12-28 084

    カレイ第2戦。

    今日も小名浜沖堤防。

    前回(12月3日)よりも増してエサ盗りたちはいまだ活発。

    房掛けした青イソメも瞬殺でなくなっていく。





    釣果の無いまま迎えた午前7時20分。

    ツンツンッ!!

    いかにもエサ盗りらしいせこいアタリ。

    イライラも手伝ってか、針掛かりさえしてこない奴の正体を暴いてやろうと

    渾身の力を込めた合わせを食らわす。

    グオオオオ~~~ン!!!

    アタリとは対照的なヘヴィーな抵抗が返ってきた@@!!

    エサ盗りではない。

    ゴンゴンゴン!!!

    首振りにも似たリズミカルな抵抗!

    アイナメを確信したが足元にきて急激な潜り込み!

    28-12-28 081
    本命マコならぬ・・・イシガレイ48cm!





    その後は相変わらずのエサ盗りたちの猛攻!

    足元の沈みケーソンの際をねらうと、、、

    28-12-28 085

    本命ナメタならぬ・・・アイナメ!

    大小問わずに掛かってくる。

    アイナメの魚影濃し!

    良型2匹のみキープ。





    エサ盗りたちの猛攻は最後まで衰えず、

    午後2時、結局本命マコの姿を見ないまま船のお迎え、納竿。

    あっ・・・正確に言えば本命マコ、姿は見れました・・・

    まだ薄暗い朝一で・・・

    28-12-28 079

    手尺で20cmちょい・・・ノーカウントです。





    29-1-3 006
    【イシガレイの煮込み】

    卵持ちでした。





    これで今年の釣りは終了。

    みなさん良いお年を!






    本日釣果

    イシガレイ 1枚(48cm)
    アイナメ  2匹(30cm、36cm)
    チビナメ  多数 リリース
    チビマコ 1枚 リリース
    28-12-28 087


    2016.12.29 Thu l カレイ トラックバック (0) l top
    2016年12月3日(土) 大潮後の中潮 水温14℃ 小名浜沖堤防 午前6時00分~午後2時00分


    1ヶ月ぶりの釣り。

    その間仕掛けも20セットほど作り準備万端で臨んだカレイ初戦。

    28-12-3 037

    場所は常磐カレイの聖地、小名浜第一沖堤防13番。

    午前7時50分。

    アナゴ・・・アイナメ・・・と続いたあとの3発目。

    底へ底へと突っ込んでいく強烈な抵抗!!

    28-12-3 036
    肉厚抱卵マコ42cm!

    去年とは対照的な初戦白星!

    今シーズンはアタリ年かも???

    さあさあ気合気合!!!





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(42cm)
    アイナメ  3匹(27~30cm)
    アナゴ   1匹(50cmぐらい)
    チビナメ  数匹リリース
    28-12-3 038
    【足元ナメタも狙ってみたがアイナメの連発!】


    2016.12.03 Sat l カレイ トラックバック (0) l top