2017年4月22日(土) 若潮 茨城県北の海 18時00分〜24時00分
    29-4-23 002
    【メバルの煮込み】

    春本番、桜の木も葉桜となり新緑の季節到来!

    ここ数年この時季の恒例となりつつあるのがメバル釣り。

    カレイを持ち帰るたび家族からブーイングを浴びせられる程

    カレイの煮込みに飽きがきている状況下でのメバルの煮込み、、、

    これがものすごく新鮮で美味く感じる。

    で、今年も行きました。

    しかも以前メトロさんから教えてもらい嵌るに嵌った3年ぶりの遠投メバル釣り、尺狙いで。





    タックルは従来の投げ竿+サーフライト(乾電池式遠投ウキ)に代え

    遠投カゴ釣りのものを援用。

    メバルに効果があるかは分らないが、

    カゴの代わりに太刀魚用の錘付ライトを着用↓↓↓

    28-7-16 014

    磯4号5.2m、遠投羽根ウキ12号、ハリス3号1.5m1本針。

    薄暮の18時、アオイソメを1匹掛けし遠投開始。

    従来よりも飛ぶ!

    60mほどのところに着水。





    遠くまで投げポイントに流す釣りなので

    その日の潮と風向きには大いに影響される。

    風は左から右へ幾分強めに吹いておりウキも風に流される。

    沖のポイントへと向かわない。

    苦戦していたが・・・・・・





    風も弱まり左から右への流れが緩まった20時40分。

    赤い電気ウキの灯りがゆっくりと沈んでいった。

    この海は一面ホンダワラ(藻)の繁茂地帯。

    今まで何度も藻に仕掛けをとられその都度ウキがじんわりと沈んでいた。

    また藻かと交わそうと竿を大きく煽ると、、、

    グググッ!!

    かすかな魚信!

    本命か???

    リールを巻く。

    ググッ・・・ググッ・・・

    大きくはなさそうだが本命っぽい。

    やがてごぼう抜き!

    29-4-22 022
    本命メバル21cm!



    時合に入ったのか、その5分後。

    ウキがじんわり入ると同時に手元にブルブルッ!

    29-4-22 023
    2匹目23cm!

    ともに狙いのサイズには及ばないが立派なメバル。

    ポイントまで届かなくても型はいい。

    反応がなくやる気を失いかけていたがこの2匹でテンションUP!





    そして、22時30分。

    風もすっかりやみ、ポイント近くでまったりと流れる電気ウキ。

    誘いをかけようと小さく数回竿を煽ると、、、

    グググググッーーー!!!

    竿先が突然伸された!

    誘いの動きに瞬時に反応したか?

    そのまま大きく竿を煽り直し合わせを食らわす。

    さきの2匹よりもはるかに増した抵抗!

    ついにきたか尺メバル!!!

    どどどどどぉぉぉ~

    足元にきてからの抵抗がものすごい!

    メバルなのか???

    一瞬疑ったが、、、

    ごぼう抜きしてあがってきたのは↓↓↓

    29-4-22 024

    29-4-22 025
    初めての30cm尺メバル!!

    メジャーを忘れてしまったためその場で計測できず、

    手尺で27~28cmくらいかなと思っていたが

    家に帰って計ったら30cmジャスト!

    ついに念願の尺メバル!

    現場で分っていたらうれしさももっとだったろう。





    24時もう充分と納竿。

    その後の追釣はなかった。

    尺は刺身に、他は煮込みで美味しくいただきました。

    味覚は言うまでもありません!





    本日釣果

    メバル 3匹(30cm、23cm、21cm)
    29-4-22 029


    2017.04.23 Sun l メバル トラックバック (0) l top
    2017年4月16日(日) 大潮後の中潮 茨城県央の海 午前11時00分~午前11時30分
    29-4-16 039
    【稚アユ・・・スレ掛かりの1匹だけ】

    日曜日、気温はグングン上昇、夏日になり買い物がてらとある漁港で稚アユ釣り。

    今年は稚アユが好調とのことで、またこの魚、味覚も天ぷらにすると最高とのことで

    確実にものにできるであろう今晩のおかずをと糸を垂らしたのだが・・・

    なんたることか!一向に掛からず・・・

    回りも同じ狙いの人が大勢いたが全く掛かっている様子がない。

    美味しい魚だけど・・・

    釣れないこの魚に2時間も3時間も時間を費やすのもいかなるものか。

    30分であきらめ帰ってきました。

    また来年挑戦してみます。





    さてカレイですが、

    今週末は最後のカレイ戦をと思っていたが野暮用やらなんやらで出撃できず。

    このまま今シーズンのカレイは終了です。

    数こそ出なかったものの、ボウズはあまりなく12戦10勝2敗、勝率8割3分。

    小名浜沖堤防での釣行がほとんどだったがやはり一流のカレイ釣り場ですね。

    満足なシーズンでした。





    GWは一か八かの一発勝負で新潟のデカアジ(メガアジ)にチャレンジしてみます。

    そして夏は去年あまり出来なかったホームでの泳がせ釣り、今年は数やってみたいと思ってます。





    最後に庭の花を。

    29-4-16 031
    【早朝の原種チューリップ レディージェーン】

    チューリップの球根は基本植えっぱなしはNGですが
    原種系のチューリップはOKです。
    手間も掛からず、毎年数を増やしながら必ず咲いてくれます。
    ここ数日の気温上昇で一気に開花しました。

    29-4-16 034

    太陽が高くなると花弁が開きます。
    妻もお気に入りのチューリップです。


    2017.04.16 Sun l 稚アユ トラックバック (0) l top
    2017年4月8日(土) 中潮 水温10.5℃ 小名浜沖堤防 午前5時00分~午後2時00分


    先々週の土曜日(3月25日)、地元の海でカレイを狙ったが完全坊主。

    この釣り、ボウズと紙一重の釣りとはよくいわれるが実際ボウズ食らうとかなり応えますね。

    だからというわけではないけど先週は釣りはお休み、

    最近嵌りつつあるDIY(日曜大工)に精を注いでました。

    29-4-8 040

    我が家には2匹の猫がいるのだが、

    妻のリクエストもあり猫部屋にキャットウォーク作ってみました。

    木材はホームセンターでカットしてくれるので女性でも手軽に出来る簡単さです。

    で、猫達はというと、、、ご主人様の熱意は伝わらないようで、

    一週間たった今でもまったく興味も示さず見向きもしてくれません。。。





    そして今週。

    またDIYとも考えていたが今は戻りカレイの一番おもしろい時季。

    シーズンもあとわずか。

    行くべきでしょう!

    伊豆方面のカゴ釣りも気になりはじめていることもあり、

    今回カレイ最終戦のつもりで臨んでみました。





    29-4-8 030

    有終の美をと行き先はカレイの聖地小名浜沖堤防。

    しかししかし、、、

    開始早々強めの北風が吹き出し、横殴りの雨も降り出す。

    寒い!

    予報では曇りのち晴れ、気温も15℃ぐらいまで上がるということだったので防寒対策も甘かった。

    海もウネリ&濁りあり。

    カレイには最悪・・・早くも戦意喪失。





    午前7時40分。

    そんな状況下でも仕掛けをさびくと魚の魚信!

    リール巻き上げ早々グイグイ突っ込む強烈な絞り込み!

    これぞ戻りの醍醐味!本命を確信したが

    最後はただただ重いだけのあっさり浮上、、、

    29-4-8 028
    45cmマコカレイ!

    身もまだ薄かった。

    が、この状況下での1枚、食ってくれたというだけでありがたい。





    2枚目、3枚目をと狙う。

    しかし、そんなことは続くはずもなく・・・

    1本の針にイソメ6匹という太っ腹な房掛けで何度も打ち返すが6匹そのまま戻ってくる。

    いつしか風もやみ雨も上がったが状況は変わらず。

    釣れる気がまったくせず午後1時前、早めに片付けに入り

    午後2時船のお迎え納竿。





    各人、帰りの船中で船長に釣果を聞かれるのだが。

    周りでもほとんど釣れているようには見えなく今日は全体的に渋い日だと思っていたが・・・

    返ってくる声は・・・3枚・・・4枚・・・6枚・・・

    渋かったのは自分だけ???

    投げのカレイ釣りでは腕は余り関係ないようにも思うのだが・・・

    この差は何???

    仕掛け?ポイント?

    悔しかったなー

    次回リベンジ、最終戦は持越しです。





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(45cm)
    チビナメ「  1匹リリース
    29-4-8 033


    2017.04.08 Sat l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年3月20日(月) 小潮 水温12℃ 茨城県北の海 午前10時40分~午後5時00分


    墓参り等の彼岸行事をすませたあとの3連休最終日の今日。

    2日前の小名浜遠征時に余ったアオイソメ2パックを使い切ろうと地元の海でカレイ釣り。

    29-3-20 001

    今日は1枚でした。

    細身で肉薄、小さく見えたが40cmありました。





    ちなみに今日は何箇所か転戦。

    29-3-20 002

    噂で聞いていた、カレイフィーバーに沸いていたという漁港にも行ってみたが

    釣り人まばら、、、まったりしすぎ・・・

    フィーバーはもうとっくの昔に終わってしまったよ・・・というような雰囲気でした。





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(40cm)


    2017.03.20 Mon l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年3月18日(土) 大潮後の中潮 水温9℃ 小名浜沖堤防 午前5時30分~午後2時00分


    小名浜戻りカレイ第2戦。

    午前5時前、沖堤防上陸。

    早速バケツで海水を汲むが冷たい!

    水温9℃、ついに10℃を割った。

    嫌な予感がした。





    29-3-18 008
    【前半 無風なれどウネリあり】

    辺りが明るくなった午前5時30分、実釣開始。

    満潮が午前6時15分という絶好の朝まずめ。





    午前6時50分。

    捨て竿として出していた足元捨石付近のチョイ投げナメタ、アイナメなんでも来い竿。

    軽くサビいてみると大きな魚信!

    油断すると根潜りされるので容赦なしのリールゴリ巻き。

    ドデカイ菱形魚影浮上!!

    ナメタかと思ったがよくみるとマコ。

    で、今日こそは超えた!と思ったが↓↓↓

    29-3-18 007
    49cm!!

    カレイ釣りをじはじめて10年。

    夢のゴーマル・・・よく聞く言葉だが、

    周りでは毎年のように釣る人なんかもいたりで結構皆さんあっさりと釣ってるようにも見えるのだが

    ヨタには来ないんですよねゴーマル(50cm)カレイ。

    こうも出ないともう神の嫌がらせとしか思いませんよ。





    時間が流れる。

    嫌な予感的中。

    本命ポイントはまったくアタリがなくまったぁり~

    ナメタ、アイナメポイントもその後はまったぁり~

    堤防全体もまったぁり~





    29-3-18 010
    【後半はいつもの強風】

    午前9時を過ぎると風が吹き出しいつしかビュービュー

    いつもの強風。

    もういい加減勘弁してくれよ!

    釣れないし、寒いし、次第に戦意が喪失していく。





    下げ止まり直前の午後0時30分。

    またまたナメタ、アイナメ竿。

    29-3-18 011
    45cm!

    やっとこさの2枚目。

    午後2時には船が迎えに来る。

    正味あと1時間。

    全ての竿をナメタ、アイナメポイントに移動させたが結局その後の追釣はなし、納竿。





    本日釣果

    マコカレイ 2枚(49cm、45cm)
    29-3-18 012


    2017.03.18 Sat l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年3月11日(土) 中潮 水温10℃ 小名浜沖堤防 午前5時40分~午後2時00分


    3月のマコカレイ。

    産卵で消耗しきった体力の回復のための戻りの荒食い。

    肉厚な個体もあちらこちらで上がりはじめた。

    2ヶ月ぶりに釣りに行かれるという栃さんとご一緒させてもらい、

    行ってきました小名浜沖堤防第7戦。





    29-3-11 003

    午前5時、沖堤防上陸。

    日もだいぶ伸びあれこれ準備していると辺りはもうすっかり明るい。

    午前5時40分実釣開始。

    ここ数日、冬型の気圧配置で水温も一気に低下。

    赤イソメまでも携え激渋も覚悟していたが・・・





    カレイ師たちがズラリと並んでいる。

    左で・・・右で・・・

    早くも周りでマコが上がりはじめた!

    ・・・そして午前7時40分。

    周りに遅れてヨタの竿にも!

    29-3-11 004
    1枚目46cm!

    肉厚で実測よりも一回り大きく見える。



    30分後の午前8時10分。

    29-3-11 005
    2枚目40cm!

    一瞬ムシガレイに見えたが本命マコ。



    そして10分後の午前8時20分。

    29-3-11 006
    これまた肉厚、3枚目41cm!

    カレイがよく食う潮のタイミング(止まり前後)

    午前9時半まではまだ時間がある。

    今シーズンのカレイは日3枚を超えた日がなく、

    この時点で今日は余裕のクリアと思っていたが・・・





    29-3-11 008
    【此処に来るときはいつも風が強い】

    潮止まり時間帯こそ周りでポツポツ上がっていたものの、

    その後北西の風が強くなりあちらこちらで白波がたちウネリも。

    風も冷たく体感温度は2~3℃。

    1月の遠征時よりもよっぽど寒く感じる。

    糸は横風に煽られ絶えずフケっぱなし・・・

    3枚目を最後にまったくの音沙汰なし・・・

    朝方賑やかだった堤防も静かに。。。





    風、ウネリは治まることなく結局その後の追釣はなし。

    午後2時、船の迎えで納竿。

    最初のペースで爆釣を期待してしまった分気が沈んだままでの納竿となってしまったが

    3枚釣れたんだから良しとしなきゃですね。

    栃さんお疲れ様でした。落ち着いたらまた宜しくお願いします。



    29-3-11 011
    【大根のおろしポン酢で】

    一番大きいのは刺身に。

    ん~~ちょっと水っぽい感じです・・・

    1ケ月早かったかな・・・?

    体力を回復しきった肉厚プリップリ、強烈な引き味、

    戻りカレイの醍醐味はもうすぐ。

    これからが楽しみです。





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(46cm、40cm、41㎝)
    29-3-11 007

    2017.03.12 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年3月4日(土) 大潮後の中潮 水温12℃ 茨城県央の海 午前10時30分~午後6時30分


    3月。

    戻りカレイの本格シーズン突入。

    並行してスギ花粉も最盛期。

    ハックション!ハックション!しながらホームの海で今日もカレイ狙い。





    29-3-4 011
    【幾分風強し】

    はじめてのポイント。

    ・・・・・・1時間・・・・・・3時間・・・・・・

    ・・・・・・アオイソメも無傷で戻ってくる・・・

    水温は12℃だが生体反応ゼロ、まるで死の海・・・

    カレイの時合の午後2時の潮止まり前後に焦点を充てていたが何事も無く過ぎ去り・・・





    午後3時すぎ。

    かたさんが一升瓶アイナメを抱え他ポイントから移動してきた。

    軽くやるか~と竿一本を投入するやその一投目で、

    いきなりの肉厚マコゲット@@!

    なに~~~!!!

    こっちは5時間以上やってエサ一つ齧られないというのに・・・!

    テンションDOWNしきっていた身に追い討ちをかけられた。





    しかししかし、、、

    テンションDOWNもここまで、、、

    夕まずめにさしかかった午後4時。

    ククッー!・・・ククッーー!

    一本の竿先が引き込まれ!

    この時点でカレイ確信!

    離れたところに居たかたさんに向かって奇声を張上げながらのガッツポーズ!

    すぐに駆けつけてきてくれそのままタモ入れしていただき、、、

    29-3-4 012
    43cm肉厚マコ!

    5時間以上待たされての本日初釣果!



    時合なのかその15分後、、、

    29-3-4 013
    2枚目これまた肉厚36cm!

    2本針丸呑み!



    そして午後5時前にも41cm追釣!

    今までの沈黙がウソかのような展開にもうすっかりハイテンション!





    日が完全に傾きアイナメ、アナゴも食い出す時間帯に突入。

    アナゴはいらないが刺身用にアイナメもお土産にしたいと、

    アイナメ・・・4枚目のカレイ・・・をと竿先が引き込まれるのを待つが

    その後はノーフィッシュ。

    すっかり暗くなった午後6時30分納竿。





    まったく魚の気配がなく完全ボウズも覚悟したが、

    終わってみれば先週、先々週に続き今日もマコ3枚。

    我ながら上出来。

    戻りも本格化し肉付きも良くなってきており、

    そろそろ聖地へと遠征か?





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(43cm、41cm、36cm)
    29-3-4 017


    2017.03.05 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年2月25日(土) 大潮 水温13℃ 茨城県央の海 午前10時30分~午後7時30分

    29-2-26 001
    【本日外道 カレイよりも数倍美味いイイダコの煮付け(笑)】


    地元カレイ第2戦。

    今日は久しぶりでヘボ助さん、ありけんさんご夫婦とお会いしました。

    ヘボ助さん、ここしばらく釣り日記も更新されてなく心配していましたが

    お孫さんが生まれたとのことで釣りどころではなかったのですね!

    あらためておめでとうございます^_^





    開始まもない午前11時。

    29-2-25 010
    36cm!

    いきなりの本命!

    カモフラージュ?

    体表の模様が見事に地と同化してますね。





    しかしその後は、、、

    竿4本のうちの2本のポイントは↓↓↓

    29-2-25 011
    【シャコの手】

    29-2-25 012
    【イイダコ】

    アタリも出さずにエサだけが頻繁に盗られ、

    もう2本のポイントはエサもそのまま、生体反応なし。





    しばらくそういう状態が続いた上げ止まり30分前の午後2時30分。

    ドッシリとした重さとわずかな魚信!!!

    29-2-25 013
    38cm!

    ようやくの2枚目!

    いつもの釣れていた、、、です。。。





    その後はシャコポイントもエサが残るようになり

    夕まずめも何事もなく過ぎ去る。

    午後7時ギブアップ。





    一本ずつ竿を片していると、

    ガシャガシャガシャ~ン

    音のほうに目をやると、

    三脚上の竿、

    竿尻が宙に舞い海へとダイブ!

    と、その寸前で三脚のアームにリールが引っかかり三脚がガタガタガタ;;

    慌てて飛びつき大合わせ!

    こんな下品なアタリ、ポン級アイナメを疑わなかったが、、、

    上がってきたのは、、、

    なんとふっくらなマコカレイ39cm!
    (写真撮り忘れ)

    2本針も丸呑み!

    戻りパワー?

    いや小名浜の戻りの肉厚座布団サイズでもこんな下品なアタリはなかった。

    今までのカレイ釣りでは飛びぬけて下品で過激なアタリだった。

    で、ちょこっと延長したがその後は再び静かな海に。

    午後7時30分納竿。





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(36cm、38cm、39cm)
    イイダコ  1杯
    29-2-25 014


    2017.02.26 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年2月18日(土) 小潮 水温11.5℃ 茨城県央の海 午前10時40分~午後7時30分

    29-2-18 005
    【曇天】

    地元での昼カレイ狙い。

    釣り開始から4時間経過・・・

    水温もいまだ高く活発なのはエサ盗りだけ・・・

    退屈な時間が流れる。

    気分も曇天。





    しかし、こういう状況下でも突然食いだすのがカレイ。

    今日の潮の下げ止まりは午後2時50分。

    その10分後。

    エサを確認しようとリールを巻くと

    グググー!の魚信とともにドッシリとした重さ!!!

    竿先に出るアタリが地味なカレイ釣りではよくある話、、、

    釣れていたのパターンかと思いきや、、、

    数巻きで魚信が消え重さも消え・・・途中バラシ・・・

    おそらくカレイだったのではと・・・



    しかし落胆している暇もなくその10分後、、、

    過激な糸フケ発見!

    29-2-18 007
    45cmマコカレイ!!

    しかし肉薄です。。。



    またまたその10分後。

    29-2-18 008
    38cmマコカレイ!!

    今度は幾分肉厚。





    セオリーどおりの潮止まり直後の時合。

    で、その後は再びまったりタイム。

    夕まずめに小振りなオスガレイを1枚追釣し

    そのまま夜ガレイ狙いへとシフトするがうんともすんともいわず。

    午後7時30分納竿。





    戻りもはじまりカレイも後半戦突入!

    今後の肉厚プリップリに期待です!





    本日釣果

    マコカレイ 3枚(45cm、38cm、35cm)
    29-2-18 009


    2017.02.19 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2017年2月11日(土) 大潮 水温11℃ 茨城県央の海 16時30分~20時30分


    久しぶりの地元茨城での釣り。

    カレイ戦は一時中断。

    先週のカレイ釣りで余ったアオイソメ1パックを消化しようと

    そこにアカイソメを加えて夜のアイナメを狙ってみた。

    先月小名浜で釣ったアイナメの刺身が大変美味かったからだ。





    29-2-11 013

    西日がまぶしい午後4時半。

    根掛かり地帯へ2本の竿の仕掛けをぶっこむ。

    胴突き2本針と丸玉錘の1本針。

    太陽が西の地平線から姿を消して1時間くらいまでが夕まずめのピーク。

    そのピーク時の午後5時40分。

    29-2-11 014
    アイナメ37cm!

    刺身にするため即刻血抜き。

    アイナメは血抜きをしないと顕著に身がピンク色になってしまう。

    29-1-9 001
    29-1-28 049

    上が血抜きをしなかったアイナメ、下が血抜きをしたアイナメ。

    一目瞭然です。





    で、この時点で数匹は堅いかなと思ったが、

    その後はアカイソメもまったく食われずの状態。

    予報どおりで風も強い。

    仕掛けを数ヶロストしたところで戦意喪失。

    近いうちまたリベンジしようと午後8時30分、納竿。





    本日釣果

    アイナメ 1匹(37cm)
    アナゴ、ドンコ 各1匹リリース
    仕掛け4ヶロスト
    29-2-11 016
    【アナゴとドンコの一荷】


    2017.02.12 Sun l アイナメ トラックバック (0) l top