FC2ブログ
    2018年1月12日(土) 小潮 水温11℃ 小名浜沖堤防 午前6時30分~午後3時00分


    マコカレイ、、、

    いささか釣れているという情報で小名浜第2沖堤防6番上陸。

    目指していた5番寄りのポイントはすでに先釣者あり。

    7番寄りに座を構える。

    餌盗りも激しいとの事で青イソメ約1㌔を携え気合い充分!

    満潮と重なる朝まずめ、、、

    ・・・・・・

    5連砲で攻めるも不発!






    【ヒガンフグ】

    その後も変わらず・・・

    たまにある竿先がひったくられるようなアタリでヒガンフグ。

    最大30㎝級!

    なにやら高級フグだそうで・・・

    毒性がなければ喜ばしい外道となるはずなんでしょうが、、、

    惜しみつつリリース。

    そしてヒトデ、ヒトデ、ヒトデ。。。

    餌盗りも情報どおりだが弾薬切れの心配無用!

    果敢に房掛け応戦!





    ボウズのボの字が頭をよぎりはじめた午前10時30分。

    3色ほど投げていた竿に、、、




    ナメタカレイ44㎝!

    マコカレイよりも嬉しい2年ぶり高級カレイ!

    此処のポイントはツブ根が点在しており、

    投げのナメタもゼロではないのだ。







    お昼近くになると餌盗りたちが姿を消し、

    青イソメ弾がそのままで戻ってくるようになる。

    邪魔者がいなくなり攻めやすくなるが、

    根掛かりで3連砲へと戦力ダウン!

    装着する弾薬を増やし戦力を補うが・・・

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    午後2時の潮止まり前後に一斉砲火を浴びせるも不発!

    午後3時船のお迎え。

    弾薬ワンパック(110g)を残し撤退!

    しかし高級ナメタ撃墜!

    戦利品確保。

    尚、帰りの船中で偶然にもカレイダービー覇者TAKAさんとお会いしました。

    マコカレイを釣られてました。

    春先の戻りの時はよろしくお願いします^^



    【料理編】


    【ナメタカレイの刺身】

    ナメタといえばなんといっても抱卵煮付けですが

    今回のナメタ、オス?メス?

    産卵後で袋の中は空っぽでしたので何にしようか迷った挙句一部を刺身にしました。

    コリコリ食感で多少水っぽかったです。

    大根おろしに一味を入れポン酢をかけて食べました。




    【ナメタカレイのポワレ アサリソースかけ】

    フライパンにオリーブオイルを敷きナメタの身を焼く。

    ソースは、アサリを白ワインで蒸し貝が開いたらバター、塩、コショウで味付け。

    先に焼いた身に注ぎ完成。

    淡白な白身のカレイとコクのあるアサリの身の絶妙なハーモニー。

    上品な味でした。




    【焼きハマグリ 薄口醤油味】

    先日仕事でお世話になった漁師さんから良型のハマグリをいただきました。

    焼きハマグリにしました。

    酒で数分蒸し貝が開いた後、グリルに移し薄口醤油をちょこっと垂らし数分焼いて出来上がり。

    極上の味でした!





    本日釣果

    ナメタカレイ 1枚(44㎝)
    ヒガンフグ 数匹リリース
    ヒトデ大量リリース



    2019.01.13 Sun l ナメタガレイ トラックバック (0) l top


    【日本水仙】 ISO100・F値4.5・SS1/640 露出補正−2EV

    朝日に当たる日本水仙です。

    例年、我が庭の日本水仙は1月中旬以降の開花ですが、

    11月、12月が暖かかった影響か今年は花が早いです。

    花にカメラの露出(取り入れる光量)を合わせることにより背景を暗くしました。

    花の美しさが際立ちます。





    さて、本題。

    2019年1月5日(土) 大潮 水温14℃ 茨城県北の海 午後4時50分~午後8時00分


    1月5日。

    元旦の尺アジリベンジをするかしまいか迷っていたところにまたまた尺アジ爆釣との報!

    今度こそは!

    リベンジを誓いかたさん、颯さんと夕方から出撃したが、、、

    待てど暮らせど前回と変わらずの20㎝ちょいのオンパレード。

    最大25㎝どまり。

    日単位で変わる尺の群れに上手く当たるかどうかなのでしょうけど、

    新潟にも振られ、前日爆釣ポイントにも連チャンで振られ、

    尺アジ縁なし!

    吹っ切れました。

    尺アジ情報には耳を塞ぐことにします(笑)



    今度の三連休は小名浜カレイです。

    未だ水温高し!餌盗り多し!

    青イソメ1㌔で張り合います。





    【料理編】




    【アジの開き】

    一部はフライの予定で残りはすべて干物に。

    今回初めて色々なレシピを見ながら塩濃度を調整してみたのですが(今まではテキトー)、

    濃度の濃さに驚きました!

    平均、水1リットルに対し塩約150gも使うんですね。

    自作の干物が首をかしげるような味にしかならないのも、

    これが一因にあるのでしょう。

    当然プロ仕込みの味には程遠いですが、

    今までとは美味しさが違いました。

    初めて醤油なしで食べれました(笑)

    尚、塩水にミリンと酒も加えました。




    【アジフライ】

    新鮮アジフライ。

    臭みも全くありません。

    塩コショウの下味付けだけでソースなんかは不要です!

    タタキ同様、釣り人の特権です。





    本日釣果

    アジ 21匹(20㎝~25㎝)


    2019.01.06 Sun l アジ トラックバック (0) l top
    釣り納めそして初釣りで釣ったアイナメ、アナゴ、アジ、サバ。

    正月三が日で平らげました。


    【季節外れのアジ】

    初釣りで釣った夏の魚アジ。

    この時期に食べられるとは・・・

    定番タタキにしました。


    【ボリューム満点アジのタタキ】

    我が家では釣り魚一番の人気メニュー。

    薬味の大葉の微塵切りが全体の味を引き締めます。




    数分で完食です!




    【アジのタタキ丼】

    一部を白ご飯に盛りタタキ丼に。






    【アイナメソテートマトソースかけ】

    3枚におろした身を塩コショウ、小麦粉でまぶし、

    バターで炒める。



    トマトソースは、フライパンできつね色になるまで熱したバターに、

    湯むきして微塵切りにしたトマト1個、

    酢、レモンの絞り汁各大さじ1、塩小さじ3分の1、

    ニンニクの微塵切り一片、コショウ少々を注ぎ完成。

    酸の効いたソースとアイナメの淡白な白身がよくマッチします。






    【アナゴの天ぷら】

    色々調べ衣のサクサク感を追求するも失敗した前回。

    再追求し、今回の衣は、、、

    小麦粉(薄力粉)100gにベーキングパウダー小さじ1。

    そこに料理酒70cc、酢大さじ2、マヨネーズ大さじ4、

    強炭酸水150cc、卵白1個(黄身はマヨネーズで補ってるため不要)を投入。

    もちろんネット情報です。

    要は小麦粉から出るグルテン(粘着性)を抑え、

    衣の水分を多く蒸発させることによってサクサク感を演出するとの事です。

    この役割を担うのが、上記のベーキングパウダー、酢、炭酸水、酒、マヨネーズなのです。

    そして結果は、、、

    前回とまったく変わりません・・・

    というより前回よりも重くなったような・・・

    ピーマンなんか衣がまったくつかないし、

    もう天ぷらは挫折しました(笑)






    【しめ鯖】

    塩、酢で〆る前に砂糖で1時間〆ます。

    余計な水分が出て、後の塩、酢の味が染み込みやすくなるそうです。

    前回から砂糖を使うようになったのですが、

    砂糖のわずかな甘みでコクも増し一段と美味く感じます。


    2019.01.03 Thu l 料理 トラックバック (0) l top


    【茨城県水戸市千波湖 夜景】ISO 100、F値11、SS30秒

    明けましておめでとうございます。
    皆様方にとって良き一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。


    今年、4回目の年男を迎えました。
    紅白の締めサザンオールスターズを見ていて、
    去年の締め安室奈美恵がまるで昨日のことのように感じました。
    ホント月日が経つのが光のごとき早く感じます。



    尚、ブログ開設から10年が経ちました。
    当初は一年続けばいい方かなと思っていましたが気づけば10年。
    それもご訪問してくださる皆様方のお陰です。
    この10年を区切りに今年からブログタイトルを変更することにいたしました。
    旧ブログタイトル「ヨタのぐるりん釣り紀行」
    新ブログタイトル「釣り・料理・写真・etc」
    変更の理由は釣り以外のネタも増えているからです。
    一言で言えば趣味のブログ、そのまんまのタイトルです。
    完全に自己満足の世界ですが、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。





    さて、本題です。

    2019年1月1日 元旦 茨城県北の海 午後4時40分~午後6時30分


    実は先日の釣り納めの際、、、

    「25㎝~30㎝のアジ爆釣、小さくても23㎝だったよ。今日は出なかったが40㎝級のサバも出ているよ」

    との情報を通りすがりのアジ釣り師さんからいただきまして、

    カレイどころではなくなり、いてもたってもいられず

    元旦早々、教えていただいたポイントへと尺アジ、大サバ狙いで初釣り行ってきました。






    【カゴ付きL字天秤】

    ライトカゴ釣り。

    竿は磯2号5.3m。

    ウキは6号。

    5号カゴ付きL字天秤にサビキ6本針を3本にカットした吹き流しをセット。

    付け餌は無し。

    コマセはアミエビのみ。



    西日が眩しい午後4時40分、実釣開始。






    【小さくはなかったが・・・】

    開始30分ほどはまったくアタリがなかったが、

    電気ウキの灯りを灯す頃合いの午後5時を回った頃からウキが沈みはじめ、

    やがて一投一匹の入れ食いモード。

    しかし、、、聞いていたサイズにはまったく及ばずの平均20㎝ちょいサイズ。

    サバもたまに混じるが30㎝級どまり。





    結局コマセが切れた午後6時30分までサイズは変わらず、

    アジ19匹、サバ3匹で終了。

    情報を入手したのは2日前。

    群れが変わってしまったのか?

    近々もう一度トライしてみます。





    本日釣果

    アジ 19匹(20㎝~23㎝)
    マサバ 3匹(28㎝~30㎝)



    2019.01.02 Wed l アジ トラックバック (0) l top
    2018年12月30日(日) 小潮 茨城県北の海 午後2時40分~午後8時00分


    年末もう一度小名浜沖堤防へ渡って見たいと思い、

    毎日天気予報とにらめっこしてましたが

    大寒波による強風はおさまらず年内は断念。

    このまま釣り納めかとも思いましたが、

    かたさんは地元の海でマコカレイ2枚!

    気持ちよく締めくくっている!

    30日、風はそれほどでもない地元の海で颯さんを誘い釣り納め。

    かたさん同様抱卵マコで締めくくりたかったが・・・







    大掃除でバタつき家を出たのは昼過ぎ。

    数年ぶりの堤防。

    午後2時40分、4本の竿で実釣開始。

    夕まずめそして夜カレイ狙い。

    カレイの時合の潮止まり(午後4時20分)と夕まずめが重なる絶好のチャンス。

    しかし釣れたのは颯さんだけ。


    【颯さんのマコカレイ】 *いただいたメール画像より

    潮止まり前後に腹パンマタニティ三連チャン!

    見事に時合を征していました!




    私は時合を掴めずアイナメ、アナゴのみ。。。





    完全に日が暮れると颯さんともども全くアタリなし。

    夜カレイは不発。

    大寒波に覆われている日本列島。

    寒さが身にしみ、午後8時納竿。





    抱卵マコで締めくくることはできなかったが

    ビール瓶アイナメでも充分です。

    美味しいお酒で年を越せそうです。





    【料理編】


    【アイナメのゴマ風味刺身】

    我が家の白身魚定番メニュー。

    薬味は長ネギの千切り、ニンニクのみじん切り。

    タレはゴマ油大さじ1、醤油、塩各小さじ2分の1。

    最後に白ゴマと一味唐辛子をかけ出来上がり。

    どんな淡白な白身刺身でもゴマ油&塩が補ってくれます。

    アイナメは刺身だけでも充分美味いですけどね。




    【酢だこ】


    【タコなます】


    【酢だこのきゅうり和え】

    冷凍保存していたタコ足。

    この年末年始で大放出です。

    5日間三杯酢(酢、醤油、砂糖)につけたタコ足をスライス。

    年越しそばを食べ、なます、うま煮をつまみながら紅白を見るのが

    我が家の年越しスタイルです。




    【うま煮】

    そのうま煮、ここ数年担当で作ってます。

    今年で3回目。

    1回目はうま煮ってこんな油っこかったっけと思ったら、

    筑前煮(煮る前に油で炒める)のレシピを見ながら作ってるし、

    2回目は何か具が物足りないなと思ったら、

    用意しといたタケノコを煮忘れてるし、

    今年やっと思ったとおりの満足な出来に仕上がりました。



    【リベンジ料理編】




    【タコおでん】

    前回固すぎて失敗したタコおでん。

    リベンジ成功。

    柔らかくするコツはじっくり長時間煮込むとの事。

    今回、タコのみをまず30分ほど先行して煮て、

    それから他の具とともに1時間。

    充分柔らかい食感に仕上がりました!






    今年も残り数時間。

    良いお年をお迎えください!





    本日釣果

    アイナメ 2匹(43㎝、38㎝)
    アナゴ(食べごろサイズ) 2匹
    ムシガレイ 1枚(20㎝)






    2018.12.31 Mon l アイナメ トラックバック (0) l top
    2018年12月22日(土) 大潮 小名浜沖堤防 午前6時40分~午後4時00分


    2週連チャン小名浜カレイ。

    今日はメトロさん、颯さんとご一緒。

    3人で7枚!

    ただし木っ端も含む(笑)






    第一堤防7番内側、第1投目で、、、


    本命40㎝マコカレイ!

    メトロさん、颯さんも続く。

    今日は良いかもと思ったがその後まったりタイム。

    木っ端サイズを挟んで、、、午後3時の潮止まりに


    ムシガレイ31㎝!

    時合いかと気合が入るがバラシも一回。

    カレイらしきプルプル魚信も、

    巻き上げ時力糸からプッツン!





    そして片付け中に悲劇!

    今週も寿司ネタと考えていた朝一の40マコ、、、

    ストリンガーから外れるアクシデント!

    マコの持ち帰りは木っ端のみに。。。

    なにか消化不良気味な小名浜第3戦でした。。。





    帰りの船中、スカリの中で重なり合うマコカレイを目撃。

    他ポイントでは爆釣だったようです。

    小名浜マコカレイ、時節到来!

    年内もう一度渡ってみたいが年末は荒れ模様の予報。

    天気次第です。

    新鮮マコの握りがもう一度食いたい。





    【料理編】




    【ムシガレイの干物】

    ムシガレイといえば干物。

    レモンの絞り汁をサッとかけ醤油をちょこっと。

    干物サイズにしてはちょっと大きめでしたが

    カレイの干物、思いのほか美味いです!




    【マコカレイの唐揚げ】

    唐揚げサイズ。

    ムシガレイと一緒に干したマコカレイに小麦粉をまぶし油で揚げました。

    味付けは干物の塩味のみでレモンの絞り汁を掛け食べます。

    レモンの絞り汁はマイブームです。





    本日釣果

    マコカレイ 1枚(40㎝)*ストリンガーから外れる
    ムシガレイ 1枚(31㎝)
    木っ端マコ 1枚(24㎝)



    2018.12.23 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2018年12月15日(土) 小潮 小名浜沖堤防 午前5時20分~午後3時00分
    【初カレイ!】

    小名浜沖堤防のマコカレイ釣査。

    3ヶ月ぶりに釣りに行かれる栃さんとご一緒させていただきました。

    いつもの小國丸さんは船のメンテナンスで今週はお休み。

    よって今日は共栄丸さんの船で渡ってきました。







    第一堤防7番上陸。

    前回同様、魚っ気なしのまったぁり~状態!

    風が強く真冬並みの気温だが、

    完全防寒、油断するとうたた寝してしまいます。

    カレイを狙っているのも見渡す限りヨタと栃さんだけ。





    今日も只々、船の迎えの時間までの消化試合になりかけていた午前10時10分。

    エサをチェックしようとリールを巻くと、

    どっしりとした重さに混じってプルプルの魚信!


    マコカレイ35㎝!

    シーズン初マコ。

    此処では小振りっこだが初モノは嬉しい限り!

    ヤル気UP!





    そして午後0時40分。

    ダラ~~ン!

    過激な糸ふけ発見!
    *カレイの典型的なアタリ

    リールをひと巻き、ふた巻き、、、糸ふけを取る。

    心臓バックんバックん!

    この瞬間の期待感!

    カレイ釣りをする人にしか分かりません!

    糸がピンッ!と張ったところで大合わせ!

    カ・イ・カン! どっしりプルプル魚信!

    栃さんにタモ入れしていただき無事御用!




    40㎝!

    2枚とも抱卵メスで卵は2分~5分ほど。

    マコカレイ、産卵はまだ先のようだが、

    確実に乗っ込んでます。





    午後3時、この2枚で船の迎えの時間納竿。

    なお今回もタコ釣りとの二刀流!

    朝暗いうちに2杯ゲット、明るくなってからはノーアンサー。

    此処に来るたびにお会いするタコ名人の話ではもうそろそろ終わりかなと。





    マコカレイ、、、

    船長さんの話だと底潮がまだ高いそうです。

    暖冬だった3年前同様、熱い1月を期待します!





    【料理編】




    【マコカレイ・タコ・長ナスの握り寿司】

    高級寿司ネタといわれている常盤のマコカレイ。

    タコ、長ナスの浅漬けとともに握ってみました。

    シャリとネタとのバランスが思ったとおりにいかず

    見た目はいかにも(ど素人)・・・という感じですが

    回転寿司よりも美味い!

    2合分の握りもあっという間になくなりました!




    【マコカレイの昆布締め】

    定番昆布締め。

    半日締め、塩昆布をまぶしてみました。




    【タコのカルパッチョ風サラダ】

    レモンドレッシングを掛けるだけ。

    イタリアンな味付けがタコの食味とよく合います。


    新鮮美味。

    釣り冥利に尽きます。





    本日釣果

    マコカレイ 2枚(35㎝、40㎝)
    マダコ 2杯(1.43㎏、0.75㎏)*右端のタコは名人からの頂き物



    2018.12.16 Sun l カレイ トラックバック (0) l top



    別に冬が好きというわけではないですが、

    今週末はやっとと言えばやっとの冬らしい寒さ。

    未だ芳しい情報がないカレイの足音が近づいてきたように感じます。

    先週に引き続きカレイ釣査といきたいとこですが今週末は所用で断念。

    空いた時間で仕掛け作りをしてました。

    来週以降にお預けです。





    釣果がなくても週末は料理担当です。

    今週はおでんです。



    年末年始の食卓用に冷凍ストックしているタコ。

    お裾分けしていても結構溜まってきました。

    タコおでんです。

    タレが命のおでん、市販のおでんの素はご法度。

    で、去年も挑戦しましたが、

    その時は砂糖が多すぎ何か丼兵衛のタレのようになってしまいました。

    今年は砂糖少なめ。

    ダシ汁は昆布とかつお節で取り1.5リットル。

    調味料は薄口醤油、ミリン各60ml、

    砂糖大さじ1、塩小さじ3分の1。

    弱火でコトコト1時間以上かけて煮込み、完成。





    タコ以外はタレ、具、上出来でした。

    タコは超ハードな食感でした(笑)

    暮れにまたリベンジです。


    2018.12.09 Sun l 料理 トラックバック (0) l top



    12月突入。

    いよいよカレイの本格シーズン到来!

    師走頭、大座布団でドカ~ンと狼煙を上げようと

    向かった先は座布団カレイの聖地、小名浜沖堤防。



    2018年12月1日(土) 小潮 水温14.5℃ 小名浜沖堤防 午前5時00分~午後2時00分


    しかーし、、、

    まったぁり~

    7番外側で座布団が釣れ始まったとの情報を元に

    小國丸さんの船で第一堤防7番に渡るも、

    魚っ気なし!

    7番名物サメの姿すらなく小名浜初戦、完敗でした。。。





    想定内といえば想定内・・・

    保険は掛けました。



    なんとか救われました。。。





    そして帰り際船長さんから捕れたての肥えたサバ頂きましたm(__)m





    【料理編】


    【〆サバ&タコ刺し】

    船長さんから頂いたサバは〆サバに。

    まず砂糖で一時間締め、その後塩で数時間、酢で一晩。(塩、酢の締め時間は好みで)

    最初の、砂糖で締めることにより

    後の塩、酢の染みかたが良くなるそうです。(ネット情報)

    砂糖の甘みが若干感じられコク倍増!

    ロック焼酎との相性バツグンで

    今までで一番美味い〆サバが出来上がりました!





    本日釣果

    マダコ 5杯(320g~930g)
    木っ端マコ 1枚リリース



    2018.12.02 Sun l カレイ トラックバック (0) l top
    2018年11月25日(日) 大潮 茨城県北の海 午後0時00分~午後1時00分

    恒例となりつつあるお出かけがてらのちょこっとタコ釣り。

    県北方面に出かけた際に立ち寄る堤防。

    開始数分!




    マダコ2㎏級?

    この堤防2戦2勝!

    がてらの釣りは3戦全勝!

    竿一本とテンヤ仕掛け1ケさえ持っていれば、

    いつでもどこでも手軽に竿出し出来るのが魅力のタコ釣り。

    ガツガツして狙ったり、

    他との二股釣りで狙ったりするよりも

    タコ釣りはこのスタイルに限るかも(笑)





    本日釣果

    マダコ 1杯(2㎏級)



    2018.11.25 Sun l タコ トラックバック (0) l top