2017年8月13日(日) 小潮 水温24℃ 茨城県北の海 午前4時00分~午前11時00分
    29-8-13 014
    【本日の活き餌アジ・・・ハナダイ1匹も捕れず】

    カンパチ第3戦。

    エサ釣り。

    表層でピンク色の小魚(ハナダイ)が沸いているというのに

    トリック仕掛けには全く掛からず!!

    少しでもタナが下降すると豆アジ、コサバのあらし。

    表層のハナダイを拾うのがこんなにも難しいとは!?

    手を焼いているうち、いつしかハナダイは消え去り。

    こういう時はタモ網で掬えばいいのか?





    29-8-13 010

    先日よりも幾分大きくなった豆アジで泳がせ。

    今日の釣り場は小振りの回遊のみ。

    午前6時20分、22cm。

    午前7時30分、27cm。

    以降追釣なし。

    竿先がワッサワッサ騒ぎ出す前アタリらしき反応は何度もあったが

    本アタリまで行かずにそこで終わってしまう。

    一回り小さいハナダイなら食っていたであろう局面は何度もあった。





    29-6-30 005

    さみしい釣果なので最後に猫ネタ。

    我が家の愛猫。

    ヨタ♂(11才 雑種 写真奥)とコタロウ♂(1才 シャムハーフ)です。

    ハンドルネーム「ヨタ」の由来です。

    自身ペット(犬猫)は大の苦手だったのだが、

    妻のわがままで飼うようになってからというもの

    情は移ってしまいますね〜

    今は可愛さこの上なし!

    今日のご馳走はカンパチだよ〜ん





    本日釣果

    カンパチ 2匹(22㎝、27㎝)
    29-8-13 011


    【料理編】
    29-8-14 008

    小さめのは前回の分も含めフライにしました。


    29-8-14 010

    アジフライ同様、新鮮な魚のフライは最高ですね。


    2017.08.13 Sun l カンパチ トラックバック (0) l top
    2017年8月5日(土) 大潮 茨城県央の海 午前4時00分~午前10時30分
    29-8-5 009
    ダブルヒット!!29cm&32cm

    先週と比べるとやや渋かったが、

    それなりの回遊はあり30cmを超えてきました!

    強靭なパワーを秘めたカンパチ、

    35cmを超えてからがこの釣りの醍醐味です。





    本日釣果

    カンパチ(ショゴ) 4匹(26cm、28cm、29cm、32cm)
    20cm未満 1匹リリース
    29-8-5 013


    2017.08.05 Sat l カンパチ トラックバック (0) l top
    2017年7月29日(土) 小潮 水温20℃ 茨城県北の海 午前4時20分~午後0時30分
    29-7-29 028
    【カンパチ】


    早朝からの泳がせ釣りって何年ぶりだろう?

    まだ真っ暗な午前3時半、堤防着。

    数年ぶりの早朝泳がせでドキドキワクワクというか

    なんかとっても新鮮な気持ち。

    真昼間からの泳がせ釣りでは当然の結果?でボウズ連発していたが

    今回は釣れない気がしなかった・・・


    2017.07.30 Sun l カンパチ トラックバック (0) l top
    2017年7月15日(土) 小潮 静浦漁港 午前4時00分~午前10時00分
    29-7-15 007
    【ソウダガツオ】

    海の日の3連休。

    いつもの沼津の海へカゴ釣り行ってきました。

    運よく今シーズン第一陣のソウダガツオの大群にぶつかり

    入れ食い状態!強烈な引きを充分に堪能してきました。





    出発が遅れ、駐車場に到着したのは午前1時。

    満車、30分程待って無事確保。

    釣り座もなんとか確保。

    タチウオ狙いの電気ウキが幾多も並んでいるが

    釣れている気配はなくこれはスルー。

    軽く腹ごしらえをしたり、堤防上で寝っ転がったりして釣りは待機、

    明るくなるのを待つ。





    29-7-15 054
    【カゴ釣りには最適な海況】

    明るくなった午前4時、実釣開始。

    ソウダ、大サバ狙い。

    風も無く海は穏やか、潮はゆっくりと右から左へ流れている。

    右隣の人のウキが流れている間は待機し、

    仕掛けを回収しはじめるのを確認してから右の潮上へ向かって投げ入れる。





    29-7-15 053
    【無冠雪の7月の富士山】

    朝から富士山がくっきりと。

    雄大な景観をバックに30分ほどたった午前4時半すぎ。

    仕掛け回収途中でガツンッ!!キュイ~ン!!

    仕掛けはカブラ2本針。

    今シーズン初のソウダガツオ!

    丸々太った30cm後半サイズ。

    まだ暗いなか堤防上で地元常連さんと話していたとき

    数日前からソウダは釣れはじめたけどまだポツポツ程度で一人1~2匹と聞いていた。

    しかし今日の早い時間でのヒット、もしかしたらと思ったが・・・





    予感的中でした、、、

    その後はズボッ!ズボッ!

    突如として沈んだかと思えば、

    ポコポコッ!とじれったい動きのあとにズボッ!

    遠投ウキがコンスタントに沈む!

    入れ食いだ!

    引きは抜群!

    30cm後半サイズを超えてくると強烈!!

    きつめにしていたドラグもジィージィー!





    29-7-15 059
    デップリ!!

    シーズン初めは良型が揃う。

    デップリとした腹の胃袋には↓↓↓

    29-7-15 061

    イワシが一杯!

    足元にはイワシの大群が泳いでいる。

    ナブラも頻繁におきソウダが追っかけているのだろう。





    周りではたまに40cm級の大サバも上がっている。

    タナは3本(15m)と言う声が聞こえてきた。

    1本半(7~8m)でやっていたが深くし大サバ狙いに切り替えるが

    ここでもソウダ。

    梅雨明けを思わせるような太陽と暑さ。

    ソウダだけではしまいに飽きがきてしまい

    また、これ以上キープしてもという心配もあり午前10時、納竿。

    ソウダ爆釣、大サバゼロの釣果でした。

    今日は家族も一緒、帰りは途中まで箱根ルートの一般道を使い車を降りプチ観光。

    家に着いたのは午後9時を回っていました。





    【料理編】

    全13匹。全てマルソウダ。

    鮮度落ちが速くあたりやすいマルソウダ。

    キンキンに冷えたクーラーから出した後は

    どれだけ早い段階で血合いを取り除くか加熱処理をするかが勝負。

    よって下処理だけはその日のうちに済ませました。


    29-7-15 010
    【刺身】

    薬味たっぷりの刺身はその日のうちにビールと。

    本鰹に匹敵する美味さ!



    29-7-16 002
    【コーラで煮込んだ角煮】

    翌日、クックパッドで見つけ作ってみました。

    調味料でコーラを使うことがあるのは知っていたが

    試したのは初めて。

    ミリンや砂糖を使うよりも一風変わった味になりこれイケます!

    固めの身の魚には合いそうです。

    なお、冷蔵庫で寝かした翌日以降の方が味がしみ断然美味かったです。



    29-7-16 006
    【鰹フレーク丼】

    焼いた身をフレーク状にほぐし熱々の白ご飯に乗せ

    にんにく醤油をかけるだけ。

    最高に美味いです。

    白ご飯に鰹節を混ぜたねこまんま同様、他のおかず無しでも何杯でもイケます!



    29-7-17 001
    【干物】

    塩水に漬け、冷蔵庫の中で24時間干しました。



    その他残りはすべて三枚におろし冷凍保存。

    竜田揚げ、煮込み、フレーク等、

    食べたいときはいつでもOK状態!

    マルソウダ、懸念する人も多いですがホント美味いですよ!





    本日釣果

    マルソウダ 13匹(35cm前後 MAX38cm)
    29-7-15 006

    2017.07.17 Mon l ソウダガツオ トラックバック (0) l top
    2017年7月7日(金) 大潮 久慈川河口 19時20分~25時00分
    29-7-7 016

    庭では夏の花、宿根草のルドベギアが咲き始めました。

    雑草のようなたくましさで毎年これでもかといわんばかりに情熱的な花を咲かせます。

    梅雨明け待ち遠し、夏本番ももうすぐです。





    さて本題。

    海は一足遅れる。

    夏の風物詩カンパチはまだ早い。

    去年覚えた伊豆方面のカゴ釣りもパッとしていない模様。

    ヒラメもイマイチのまま終わりそう・・・

    そんな中、台風後にイシモチが爆釣したとの情報。

    場所は違うが久慈川河口のイシモチがちょっと気になっていたこともあり

    金曜の仕事帰り直行した。





    29-7-7 012

    相変わらずの?

    スカスカガラガラ。

    思いのままに竿を出せる。

    ヘッドライトがないと針に餌を刺すのがままならない薄暗さの19時20分。

    30号三角錘を背負った胴付き2本針を2本の竿でぶっ込む。

    餌はアオイソメ。

    潮は下げ、上流から下流へと流れている。





    その開始直後の一投目。

    竿先に付けた青いケミホタルの灯りが大きくバウンドした。

    すぐさま竿を手に取りリールを巻く。

    ゴンゴンッ!ゴンゴンッ!

    アイナメにも似た首振りダンス!

    パワーは強烈でゴンゴンいうたび27号の硬い竿先が伸される!

    イシモチではないのはすぐに分った。

    此処にはアイナメはいないハズ・・・

    エイ???

    頭の中疑問符のままやがて高堤防の壁から現れたその姿をみた瞬間

    サメだ~とテンションダウン、、、

    しかしよく見ると、、、

    29-7-7 011
    マゴチ44cm!

    サメとシルエットがよく似ているのだ。

    胴付き仕掛けの上針に。

    マゴチって結構引く魚なんですね。

    イシモチよりもうれしい獲物!

    開始早々のサプライズにテンションは上がったが・・・





    その後はフグの猛攻!

    投げればすぐに竿先が反応しフグ、フグ、フグ・・・

    うんざりしかっぽるとハリスが切られてる。

    それでもたまにフグと似たり寄ったりのアタリで本命・・・

    29-7-7 014

    しかし小さすぎ・・・

    マイクロサイズの域は脱しているが20cmにも満たないものばかり。

    リリース。





    下げ潮から上げ潮に転じフグの猛攻は幾分収まったが

    アタリがあればそれはフグ。

    本命サイズのイシモチは気配なし。

    それでも回遊は突然やってくる!を信じ粘り続けるが

    25時、餌が切れる前に気力が切れギブアップ納竿。

    他所は釣れてるのかな?





    【料理編】

    29-7-7 022
    【マゴチの刺身】

    29-7-7 020
    【中落ち部分】

    照りゴチと呼ばれ夏が旬のマゴチ。

    料亭などでしか味わえない高級魚。

    刺身は絶品!

    このくらいのサイズが一番美味いそうです。

    三枚におろした中骨付近の身も惜しみなく頂きました^^

    そして今回、卵がびっしり!

    捨ててしまうのももったいないくらいの量で煮付けにしました↓↓↓

    29-7-7 019

    29-7-7 024

    釣り冥利に尽きます。



    さあこれからは泳がせ青物の本番ですね。

    どんな夏になるんでしょうか、楽しみです。





    本日釣果

    チビイシモチ 3匹(20cm未満)リリース 
    マゴチ 1匹(44cm)
    フグ多数 間引き
    29-7-7 015

    2017.07.09 Sun l マゴチ トラックバック (0) l top
    2017年6月30日(金) 茨城県央の海 小潮 18時40分~22時30分
    29-6-30 001
    【今日もウキで】


    2週間ぶりの釣り。

    仕事を早めに切り上げ現場直行。

    今日も前回の場所でイシモチ狙い。

    しかししかし・・・・・・





    29-6-30 017

    どんよりじめじめ。

    南風が幾分吹いている程度でイシモチには良さそうだが

    海はウネリがあり底荒れ気味。

    時折テトラに当たって砕け散った波の飛沫が全身を襲う。

    アタリも無く餌はそのまま。

    前回釣れたテトラ際はほぼ毎投、浮遊している海草が絡んでくる。

    風上にも流してみるがここは頻繁にウキは沈むが餌だけ盗られ全く掛からない。

    マイクロイシモチ???

    22時30分、本命サイズのイシモチらしきアタリ皆無のままこれ以上やっても無駄と納竿。





    イシモチは完敗だったけれども、

    開始早々のまだ明るい時間帯。

    勢いよくウキが入り竿先が持っていかれる!

    イシモチにしてはシャープな引きだなと思いながらリールを巻いてくると

    足元に来て強烈な横走り!

    29-6-30 019

    カンパチ(ショゴ)が青イソメに食ってきた!

    21cm。

    次も連チャンヒット!

    引きもより強く最初よりも大きそうだったがこれは抜き上げ時にバラシ!

    これでジ・エンドとなったが、今時期にしては幾分型も良さそう。

    今年のカンパチは熱いかも?!?!





    本日釣果

    イシモチ完敗
    カンパチ(ショゴ) 1匹(21cm)


    2017.07.01 Sat l イシモチ トラックバック (0) l top
    2017年6月17日(土) 小潮 茨城県央の海 19時00分~24時30分
    29-6-17 010
    【この時期ならではの良型!】

    初イシモチです。

    1年ぶりのウキ釣り。

    この時期は良型が多く、磯1号竿で力強い引きを楽しんできました。





    じつは前日の金曜日も仕事帰り同じ場所で夜釣りのイシモチを狙ったのだが、

    2匹釣ったところでテトラ際で仕掛けがやられ電気ウキごと回収不能に。

    予備のウキで対処しようと思ったら、

    ウキはあってもリチウム電池がないという失態。

    真っ暗な海では話にならない。

    朝方までやる勢いでいたが2時間足らずで泣く泣く退散。。。

    近くの釣具屋で補って続行も考えたが車に乗ったらそれも面倒になってしまった。





    翌土曜日、大量に余っているアオイソメを持って、

    リチウム電池を補完し再度挑戦。

    まだ明るい18時現地着。

    イシモチは夜行性。

    暗くなるまで待つ。





    29-6-17 006
    【釣れたのはピンポイント  テトラ際の濁り】

    暗くなりはじめた19時実釣開始。

    磯1号5.3mに3号ウキ、ハリス3号1m1本針。

    10mほど沖へ第一投。

    しばらく投げ続けるが反応なし。

    昨日アタリのあったテトラ際に流す。

    そして19時半頃か、

    テトラに当たって砕けた波の泡沫上で赤い電気ウキの灯りがにじんでいった。

    23~24cmの本日1匹目のイシモチゲット!





    これを皮切りに30分に1匹ペースでポツリポツリ。

    釣れるのはみなテトラ際、しかもピンポイント。

    一寸たりとも違わない!!





    21時。

    一際強い引き!

    1号竿がしなるしなる!

    3号ハリスを頼りに一か八かのごぼう抜き!

    29-6-17 009
    自己新!33.5cm!

    去年の今頃にも33cmを釣ったが5mm自己記録を更新。





    日付の変わった24時半。

    ツ抜け(10匹)まであと1匹のところで根掛かり仕掛けロスト。

    電気ウキは無事だったが、

    キリがいいというだけで9匹も10匹も同じと、そのまま納竿。





    これでアジ、イシモチが出そろい、いよいよ夏の海!

    カンパチも待ち遠しいし、

    その前にヒラメも釣りたいし、、、

    釣りの本格的なシーズンインです。





    【料理編】

    29-6-18 005
    【イシモチのカルパッチョ】

    一部はカルパッチョに。

    身を塩で軽くしめると良いそうです。

    キューピーの塩レモンドレッシングとアクセントに大葉をまぶしてみたのだが

    今まで一番美味しいカルパッチョが出来上がりました!

    29-6-18 006





    本日釣果

    イシモチ(ニベ) 9匹(22cm~33.5cm)
    29-6-17 011


    2017.06.18 Sun l イシモチ トラックバック (0) l top
    2017年6月10日(土) 大潮 静浦漁港 午後7時00分~翌午前8時00分
    29-6-11 034
    【到着時 向かい風の強風で大荒れ!】

    夕まずめなのに釣り人おらず。





    土曜昼。

    沼津市界隈の西伊豆で大サバ爆釣との情報が舞い込んできた。

    実はこのときをずっと待っていたのだ。

    ゴマサバだけどこっちのサバは丸々と太っており

    茨城で釣れるようなやせ細ったパサパサものとは違う。

    来週まで待てばいいとも思ったが、釣れ出すとすぐに漁船が接岸し

    網が入ってしまいすぐに釣れなくなってしまうらしい。

    茨城ではアジしか釣れず今週は家のことでもやってようかと

    HCで買い物中だったのだが、急遽予定変更、家に戻り支度をし

    高速道路へと乗り込んだ。





    29-6-11 031

    現場到着午後6時。

    やっちまった・・・

    天気は快晴なれど強風、飛沫、大うねり・・・

    堤防上でしばし茫然・・・

    地元の海ならすぐに引き返せるが・・・





    予報では夕方から翌朝まで風速1メートル。

    それを信じて竿を出した。

    幸いに風も収まりはじめ夜10時頃には無風ベタ凪の海に。

    周りも大勢の釣り人たちで賑わいはじめた。





    夕まずめはハズしたが朝まずめがある。

    それまではアジを狙ったが雑魚すら掛からず。

    付け餌のオキアミもそのまま戻ってくる。

    夜が明けいよいよと気合を入れるが暗いうちと変わらず

    何も掛からない・・・

    満員御礼だが魚が掛かってる気配なし。

    ビシュー!ビシュー!遠投カゴが飛び交う音だけが響く。

    今年は異常だよ、何も釣れてないよ・・・

    午前8時、散歩に来た地元おじさんの一言で即撤退!

    大サバが爆釣したという堤防はどこなのか?

    沼津市ということだそうだが・・・サーフなのかな?





    意気消沈していた帰り際、電話が鳴った。

    かたさんからでヒラメ66㎝釣ったよ〜〜ん

    嫌がらせの電話にしてはタイミングが良すぎるぜ!(笑)





    本日釣果

    完全ボウズ



    2017.06.11 Sun l サバ トラックバック (0) l top
    2017年6月3日(土) 小潮 茨城県央の海 水温18℃ 午後1時00分~午後7時30分

    今週も地元の海で泳がせ釣り。

    真昼間の餌釣りスタートだったが

    開始早々トリックサビキで7~8cmほどのシマアジが2匹。





    29-6-3 013

    早速2本のエレベーター仕掛けでぶっ込む。

    ヒラメ、そしてチラホラ情報が聞かれるワラサ狙い。

    ・・・しばらくこの2本に集中していたが何も起こらない。

    ストックの餌は小サバ2〜3匹。

    その後のトリックサビキはメジナメジナメジナ、

    リリースリリースリリース。

    泳がせも反応ないしもう餌を釣るのはやめにした。





    午後5時を回る。

    時々泳がせ竿の餌をチェックするがシマアジはピンピン。

    退屈すぎる。

    そろそろ始めますか・・・

    そう、アジ釣りだ。

    本日の第2本命、持ち帰りアジだ。





    数を狙うならトリックサビキが有利だが、

    餌釣りならまだしも何となく面白味に欠ける。

    ウキサビキを選んだ。

    反応の無い泳がせ竿を尻目に投げ続けること1時間・・・

    全く反応がなかったが、、、





    29-6-3 014
    【夕まずめ アジ爆釣!】

    まだ明るい午後6時。

    スパッとウキが消しこまれ本日アジ1匹目!

    これを皮切りにアジ、アジ、アジ・・・

    ウキがズボズボ沈みまくる。

    単発中心だが時たまダブル、トリプル。

    サイズは先週よりもダウンで16~17cmの小アジ中心。

    今日はすべてキープ予定。

    片っ端からクーラーへ。

    途中一瞬だが、泳がせ竿の鈴が激しく鳴るも

    顧みずアジ釣り続行!

    もう夢中。





    午後7時すぎ、爆釣モードは続いていたが無念のコマセ切れ。

    コマセなしでもいけるかな?と思ったがそうはいかなかった。

    午後7時30分、泳がせ竿も片し納竿。

    29-6-3 016
    【餌のシマアジ 納竿時撮影】

    泳がせの2匹のシマアジ・・・

    6時間以上たっても共にピンピン!

    このタフさには驚いた。

    さっきの一瞬の激しい鈴の音は瞬発力だったのだろう。





    後半、夢中になって釣ったアジ。

    家に帰って数えたら35匹。

    サイズ的にも唐揚げ、南蛮漬けでいただきます。

    ここ2年ほど芳しくなかったアジ、、、

    例年並みに戻って来たのかな?





    ちょっとうれしい話。

    29-6-4 004
    29-6-4 003

    釣りとは関係ないですが、以前DIYしたキャtットウォーク。

    最初は見向きもしてくれなかったが、ここ最近ご覧のとおり。

    遊んでくれてます。なんだか感動と言うかうれしくなりました。

    ご褒美にアジを進呈してあげました(笑)





    本日釣果

    泳がせボウズ
    アジ   35匹(15cm~20cm)平均16~17cm
    メバル  2匹(19cm)
    29-6-3 019


    2017.06.04 Sun l アジ トラックバック (0) l top
    2017年5月27日(土) 大潮 水温17℃ 茨城県央の海 午後2時40分~午後7時00分

    ヒラメを狙っての泳がせ釣り初戦。

    ・・・完敗でした。





    29-5-27 004
    【餌のコサバ】

    午前中野暮用を片付け、午後からの出撃。

    曇天、前日からの雨の影響で海は濁りあり。

    まずは餌釣り、ウキサビキで。

    狙いのアジは一向にかからず

    サバ、サバ、サバ。

    大小入り乱れで10cm程から20cm前半サイズがコンスタントに。





    アジは諦め、小さめのサバで泳がせたが音沙汰なし。

    途中、サビキでウルメイワシが入れ掛かりになり

    もしや!?と思い(ヒラメはイワシが大好物)

    すぐさまサバからイワシに代えたが

    小さすぎ針に刺した時点で瀕死状態。

    それでもサバよりは・・・とぶっ込んだが結局効奏さず。

    午後7時、ギブアップ納竿。





    でも、アジが釣れなかった訳ではなかった。

    まだ日が高い夕方午後5時過ぎ、

    磯2号竿でのウキサビキ。

    ストンッ!とウキが入り

    ググッ!ググッ!

    サバとは違い横に走らずの縦の抵抗でこの日はじめてのアジゲット。

    しかし20cmオーバー。

    ここからポツリポツリペースで同サイズ追釣。

    餌失格サイズは結構釣れたのだ。

    タナは3~4m。

    持ち帰りアジ狙いに切り替え泳がせ竿は放置。





    午後6時半をまわり薄暗くなってくると

    表層付近でウルメイワシが猛威を振るいだしアジのタナに届く前にウキがピョコピョコ

    イワシの餌食に・・・

    運よくかわすと気持ちよくウキが入りアジ・・・の繰り返し。

    表層イワシ、中層アジの構図。

    午後7時、イワシ、アジともにアタリが無くなり、

    放置しといた泳がせ竿を片し納竿。





    29-5-27 008

    帰ってすぐにアジ料理。

    一口サイズのアジフライとタタキに。

    麦焼酎イイチコの麦茶割りで乾杯。

    先日釣った新潟のアジはすべて妻の実家、知人らに持っていかれてしまったため

    アジが食卓に並ぶのは今シーズンはじめて。

    やっぱりアジは美味いですね。

    とくにアジフライのウマさといったら・・・

    ソースなどは御法度!塩コショウの味付けのみで!

    せっかくの新鮮アジの風味が死にます。

    釣り人だけが味わえる特権です!


    29-5-28 001

    翌日は天日干ししたウルメイワシ。


    アジとイワシ・・・

    どんな本命魚よりも一番ウマイ???





    本日釣果

    泳がせボウズ

    アジ  17匹(17cm~22cm)
    ウルメイワシ 16匹
    29-5-27 006


    2017.05.28 Sun l アジ トラックバック (0) l top